その他

冬生まれは短肌着いらない?暖房メインなら必要?出産準備の実体験談

冬生まれ 短肌着 いらない

(冬生まれの赤ちゃんは短肌着がいらないの?)

  • 冬生まれに短肌着がいらないって本当?
  • 短肌着が必要なのはどんなとき?
  • 赤ちゃんの肌着の選び方、ポイントはある?

赤ちゃんが毎日着る「肌着」は、着心地がよく快適に過ごせるものを選んであげたいですよね。

でも短肌着、長肌着、コンビ肌着…いろいろ種類がありすぎて、

「どれを選んだらいいのか迷ってしまう」なんてことはありませんか?

実は最初に肌着選びのポイントを知っておくだけで、肌着を選びやすくなるんですよ!

この記事では、冬生まれに短肌着がいらないのは本当かどうか、

さらに赤ちゃんの肌着の種類や選び方のポイントを解説しています。

赤ちゃんの肌着に迷っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ad↑

冬生まれに短肌着は「いらない派」の意見とは?

冬生まれ 短肌着 いらない

(冬生まれに短肌着がいらない理由は?)

別の肌着を着せるからいらない

短肌着を着せなくても他の肌着を着せるからいらない、という人も多いです。

肌着にはたくさんの種類があり、

  • 短肌着
  • 長肌着
  • コンビ肌着

などがあります。

そのため冬生まれの赤ちゃんにお腹が出やすい短肌着を着せるよりも、

長肌着やコンビ肌着を着せるほうがよい、と考える人が多いようです。

ちなみに、筆者が利用した産院は夏も冬も短肌着を使用していました。

しかし退院後は「赤ちゃんが寒いかな?」と思い、

自宅では短肌着よりも長肌着やコンビ肌着を使うことが多かったです。

お腹が出て冷えるからいらない

短肌着は丈が短いため、赤ちゃんが動くとお腹が出て冷えてしまうことがあります。

そのため、冬生まれの赤ちゃんに短肌着は必要ない、と考える人もいます。

新生児期は外出しないからいらない

新生児期と呼ばれる生後1ヵ月の間は、

「できるだけ外出を控えたほうがいい」といわれている時期です。

そのため、肌着を重ね着することもなく、短肌着は不要と考え使わない人もいます。

ad→

冬生まれも短肌着は「必要派」の意見

冬生まれ 短肌着 いらない

(冬生まれに短肌着が必要な理由は?)

暖房がきいた室内では短肌着が必要

暖房がきいた室内は暖かいので、肌着は短肌着だけで十分、と考える人もいます。

暖房がきいた室内で肌着を何枚も重ね着し、

さらに洋服を着せてしまうと、赤ちゃんが暑いと感じてしまうからですね。

冷えを予防するために重ね着するから必要

寒い時期は赤ちゃんの身体が冷えてしまうので、

冷えを予防するために重ね着をする人がいます。

重ね着の方法は「短肌着+コンビ肌着」が定番です。

なので重ね着をさせたい方は、短肌着が必要となります。

気温によって体温調節ができる

短肌着+コンビ肌着の着こなしだと、気温によって体温調節をすることができます。

外出などで寒い場所に行く時は重ね着をして、

暖かい室内に入る時はコンビ肌着を脱がせて短肌着にする、といった調節ができますよ。

短肌着が必要な人

短肌着が必要な人はこんな人です。

一人で買いに行けそうなお店が近くにない

短肌着が急に必要となった時に、買いに行けるお店が近くにないと困ります。

なので、肌着を購入できるお店が近くにない人は、

念のために短肌着を用意しておいた方が安心ですよ。

冬は暖房が効いた室内で過ごす

赤ちゃんが暖房のきいた部屋で過ごす場合は、

長肌着やコンビ肌着だと汗をかいてしまうことがあります。

赤ちゃんの汗の量は大人の2倍といわれているので、

暖房のきいた部屋で過ごす場合は短肌着がおすすめです。

冬生まれに短肌着は何枚必要?

冬生まれの赤ちゃんの場合、短肌着は4枚以上必要です。

吐き戻し・おむつ漏れのたびに着替えが必要になるので、多めに用意しておきましょう。

ただし、長肌着やコンビ肌着が多めにある場合は、少なくても大丈夫です。

ちなみに長肌着とコンビ肌着は、それぞれ4枚以上あると安心&便利ですよ。

ad→

【赤ちゃん肌着の種類一覧】選び方のポイント

冬生まれ 短肌着 いらない

(赤ちゃんの肌着、選び方のポイントはコレ!)

赤ちゃんの肌着を選ぶポイントは?

赤ちゃんの肌着を選ぶ際は、

  • 素材
  • デザイン
  • 着せやすさ

を意識して選ぶようにしましょう。

おすすめの素材は、

  • コットン100%
  • オーガニックコットン

です。

コットン100%は肌触りがいいので、デリケートな赤ちゃんの肌にも刺激を与えません。

また、気に入ったデザインの肌着を選ぶようにすることで、

赤ちゃんの毎日のお世話をさらに楽しく行うことができますよ。

短肌着

短肌着の丈は、赤ちゃんの腰辺りになります。

そのため、赤ちゃんが動くとお腹が出てしまう可能性があります。

また、短肌着は着物や浴衣のように紐で結んで着せるものが多いです。

少し着せにくいと感じる人もいる作りになっているので、

そういう人にはワンタッチで着せることができる短肌着がおすすめです。

長肌着

長肌着は、短肌着に比べて丈が長いのが特徴です。

そのため、赤ちゃんが寒い時期に着る肌着として準備されることが多いアイテムとなっています。

また、長肌着も短肌着と同じく紐を結んで着せるタイプが多く、

短肌着と同じく「着せにくい」という声が多いです。

最近ではボタンタイプの着せやすい長肌着が出ていてるので、

着せやすさを重視したい人にはボタンタイプをおすすめします。

コンビ肌着

コンビ肌着は、長肌着の股の部分にスナップボタンが付いているものです。

短肌着の上から重ね着として使用する方もいれば、単体で使用する方もいます。

コンビ肌着は股の部分をボタンでとめることができるので、

赤ちゃんが足をバタバタと動かしても肌着がめくり上がることはありません。

コンビ肌着は活発な赤ちゃんにピッタリの肌着なんですよ。

カバーオール

カバーオールは、首下から足首まですっぽりと覆うことができる肌着です。

着せるとかなり暖かくなるので、

赤ちゃんが汗をかいていたり暑がっているときは脱がせてあげましょう。

またカバーオールは赤ちゃんが足をバタバタさせ始める2~3ヶ月ごろから使うので、新生児期はなくても問題ありません。

ロンパース

ロンパースはボディー肌着とも呼ばれ、首下から股までの丈です。

また、股の部分はスナップボタンになります。

身体にピタッと密着する形なので、赤ちゃんが動きやすい肌着ですよ。

ロンパース肌着は長袖と半袖、どちらも販売数が多いためデザインもたくさんあります。

またロンパース肌着は、

  • 前開きタイプ
  • ボタンなしの被せるタイプ

の2種類が販売されています。

赤ちゃんが座れるようになるまでは、前開きタイプの方が使いやすくておすすめです。

ちなみに寝転がっている赤ちゃんに被せるタイプの肌着を使いたい場合は、

頭からではなく足から入れて着せると、簡単に着せることができますよ。

ad↓

-その他

© 2023 雑学ドメイン