ビジネス英語のマナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

口先だけで謝るな

日本人は「アメリカ人は謝ったら非を認めることになるので滅多にSorryと言わない」などという誤解をしていますが、実際には結構” I’m sorry.“などの言葉は耳にします。

日本人と違うのは、「社交辞令として謝る文化がない」ということです。

自分が悪いと思っていないのに謝るのは、アメリカ人の目には「口先だけで謝って反省しない失礼な行為」にしか見えません。

英語で謝るときは、表現がどのようなものであれ「本当に悪かった!」と思った時だけにしてください。これはビジネス英語でも同様です。

なお、”I’m sorry“には「残念だ」「お気の毒だが」という意味もあり、むしろ英語ではそちらの使い方の方が多いです。またビジネスシーンで「申し訳ございませんが…」という場合は” I’m afraid“を用いるのが一般的です。

へりくだりは不要

日米のビジネスマナーの基本的な考え方の違いは、相手と自分の上下関係です。日本語は基本的に「自分と身内を相手より下」としてへりくだるのが礼儀正しいとされています。

これに対し、英語では「自分と相手は対等・平等」が大原則。へりくだるという文化はありません。

例えば日本のビジネス話法では、平社員でも外部の人間に対して「うちの社長がおっしゃっていました」とは言いません。 「弊社の〇〇が申しておりました」が正解です。しかしビジネス英語の場合は「あなたと私は平等。あなたの会社とうちの会社も平等。互いを対等に尊重しま しょう」というのが基本スタンス。だから「御社・弊社」などといった概念はなく、「Your company, Our company」ですし、取引先に対して自社の社員を「Mr.〇〇」と呼びます。「同じ会社に勤めていても、彼という個人を尊重しない理由にはならない」 というのがアメリカ流の考え方です。

言葉を選びましょう

「わかりません」は英語で何というでしょうか。

I don’t know“が一般的でしょうが、ビジネス英語でこれを安易に使うのは非常に危険です。

I don’t know“には、「わかりません」の他に「考えるつもりはありません」「興味がありません」「どうでもいいでしょう」というニュアンスがあります。

飛び込み営業に来た人に対して「担当者はいません」「いつ戻られますか?」「I don’t know」と言えば「お引き取りください」という断りの意味です。

しかし大事な取引先に「ミスター田中と会いたい。彼は何時に戻るのかね?」といわれて、「I don’t know」と答えたら相手はカンカンに怒るでしょう。「I’m not sure」あたりが適切です。

省略形は失礼

I’d like to~」「I Won’t~」「I’m~」など、英語ではよく「’」による省略形を使います。しかし口語ならともかく、公式な文章でこのような省略形は相手を軽んじていることになります。ビジネス英語では「I would like to」「I will not」「I am」と正式の表現を使いましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク