TOEICでスコア700点台をめざそう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

TOEICスコア700点とはどのような成績か?

初めてTOEICテストを受験していきなりスコア700点以上をマークできるのは、もともとかなりの英語スキルがあった人か、本格的な受験勉強に取り組んできた人だろうと思われます。

現役の英文科の学生が、TOEICテスト対策なしで試しに受験してみるレベルでは700点前後がせいぜいだといいますから、社会人が700点をクリアするためには確実にTOEICテスト対策を意識した学習法が必要となってきます。

ちなみにTOEICテストで「英語上級者」とみなされるランクAは860点以上、「一応の上級者」と見なされるランクBは730点以上です。スコアが社会で英語力スキルとしての意味を持ち始めるのが700点台ということになるでしょう。

企業におけるTOEICテスト700点台に対する評価

TOEICテスト700点台は、日常生活だけでなくビジネスでも必要最低限のコミュニケーションはできる英語力が あるとみなされます。

商社の伊藤忠が新卒に求める英語力が700点以上です。この点数は社内共通語を英語にしているファーストステイリングの本部管理職昇進の最低条件でもあります。

また、多くの企業では700点以上が海外赴任の最低条件となっています。

初心者からどれぐらいの勉強が必要か?

学校卒業以来ほとんど英語に接することがなく、勉強もまったくしてこなかったという英語初心者の場合、試しにTOEICテストを受験してみると400点前後が平均的なラインです

700点台というと、ここに300点を上乗せしなくてはなりません。TOEICテストで は「スコアに100点上乗せするのに200~300時間の学習が必要」といわれていますから、単純計算で600~900時間にのぼる学習時間が必要となります。

これは、仮に毎日1時間勉強したとしても2~3年かかってしまう計算です。もちろんゆっくりと時間をかけてじっくり英語力を養うのはよいことですが、昇進試験など特定の目的を達成するまでの猶予期間が限られている人もいるでしょう。

TOEICテスト対策の学習を始めるにあたって、目標が600点台と700点台とでは大きく意味が違います。

600点台までは趣味や教養の勉強の範囲内でも到達できますが、いきなり700点台を狙うにはハッキリとした目的意識を持った計画的な学習が必要です。

どのような学習法が効率的か?

初めてのTOEICテスト受験で英語学習初心者が700点を突破するためには、「まとめ時間」の確保が必要不可欠です。

通勤時間や休憩時間を利用した程度の学習速度ではなかなか700点は突破できません。毎日最低1時間、できれば2時間程度のまとまった学習時間を確保しましょう。

リスニングセクションでは、コツコツと耳を英語に慣らしてゆくことで400点台ぐらいまでは比較的順調に点数を伸ばしてゆけます。

リーディングセクションでは、初歩的なひっかけ問題を回避できないと得点の加算が望めません。単語・熟語の暗記に加えて過去問を中心にTOEICテストでよく使われるひっかけ問題のパターンを抽出し、一瞬で見抜けるトレーニングが必要になります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク