目的別で海外留学を選ぼう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

中学~高校留学

日本では中高校生があまり海外留学するケースは多くなく、夏休みを利用したホームステイなどが一般的だと思います。

将来海外で通用する本格的なグローバル人材を目指すならなるべく若いうちから世界を直接体験しておくことが大切です。

海外で高校を卒業しても日本の高校卒業と同程度に見なされ大学受験に支障がない制度もあります。

頭脳が柔軟なうちに、語学力だけでなく国際感覚や異文化をしっかり吸収することも重要ではないでしょうか。

大学留学

各大学ごとに海外の大学との相互留学制度や留学ネットワーク制度を導入しており、3ヶ月程度の短期留学から1年以上の長期留学までさまざまな種類のプログラムが準備されています。

自分の大学に学籍を置いたままの長期留学や、海外で取得した単位が卒業単位に通算される単位保証制度も充実してきていますから、外資系企業への就職など将来性の選択肢を広げるためにも留学を検討してみてはいかがでしょうか。

ワーキングホリデー

18歳から25歳あるいは30歳までの青年が海外で働きながら学ぶためのビザが認められる制度が「ワーキングホリデー」です。

日本はオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマーク、台湾、香港、ノルウェーの12ヵ国と協定を結んでおり、特に人気が高いオーストラリアには日本から毎年1万人以上が渡航しています。

また「発声が正しいネイティブスピーカーが多く、端正な英語が学べる」と人気が高いのはカナダ。

ワーカー向けの情報センターや留学エージェントが多数存在し、日本人、韓国人、中国人といった多くのアジア人が働きながら英語を学んでいます。

語学学校などでもよく斡旋していますから、年齢制限にひっかかる前に一度はチャレンジしてみたい体験です。

MBA留学

世界最高峰のビジネス資格MBA。

特にアメリカの有名ビジネススクールのMBAが一番権威があるとされ、日本からも多くのビジネスマンが留学しています。

当然授業はすべて英語。授業内容もさることながら、まずは高密度な授業についてゆけるだけの英語力が要求されます。

リスニング能力だけでなくスピーキングとライティングにも行動な英語力が必要です。

そこで、MBA留学に際しては、事前にTOEFL®テスト(英語による教育にどの程度ついてゆけるかをみるテスト)などで英語力をチェックし、MBAでよく使われる専門用語などMBA対策に特化した英語講座を受けたり、MBAとは別にネイティブの英語に慣れるための語学留学に行く人も少なくありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク