英語学習法 スピーキング上達のための3ステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

スピーキング上達のためには、適切な手順を踏んで効果的に学習することが重要です。

英語を話せるようになりたくても、始め方が分からない人が大半です。

ただ、やみくもに英文を読めばいいわけではありません。

流暢に話すだけではなく、単語の発音や文章の抑揚に対しても意識を払う必要があります。

そこで、以下の3ステップの学習方法をご紹介します。

スピーキング上達のための3つのステップ

ポイント1.発音を覚える

スピーキング上達において、英語の発音は非常に重要です。たとえ、英単語や文法をたくさん覚えたとしても、相手に会話が伝わらないという事態に陥りかねません。その重要性は日本語に置き換えてみると分かります。

あなたは、「お(o)」と「を(wo)」の聞き分けはできますか?例えば、会話相手が「お勉強」と言うところ、「を勉強」と発言したら違和感を覚えると思います。もちろん文脈にも撚りますが、発音は相手に違和感を与えることなく、スムーズに意味を理解してもらうために重要です。

また、スピーキング上達のためには「発音記号」を読み、発音の仕方をある程度覚える努力が欠かせません。記号の種類は多く存在しない上、細かく暗記する必要はありません。ただし、正確な「音」を覚えるつもりで気軽に取り組んでください。

ポイント2.英文を口に出す

今度は覚えた発音を意識して、英文を口に出すことがスピーキング上達の鍵になります。

日本人は日ごろ、英語を話すことに慣れていないため、まずは英語に対して慣れる意識で取り組んでください。

さらに、ネイティブの会話を収録したCDを活用して真似ましょう。

スピーキング上達のためには、英語を口に出すだけではなく、真似をする「リピーティング」も大事な作業になります。

ポイント3. 実際に会話する機会を作る

英会話は実際に人と英語で会話することが最終目的地です。

スピーキング上達のためには、永遠と一人で取り組むのではなく、学んだ知識を経験としてアウトプットすることで、今までの学習が更に強固なものとなります。

その場では伝わらないことがあるかもしれません。しかし、英語を話す機会をたくさん設けることが、あなたのスピーキング上達に1歩も2歩も近づくのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク