英語教材の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

英語教材を選ぶ時に重要なポイントは自分に合った教材かどうかが重要です。

もし、購入した教材が自分のレベルよりも高かった場合、恐らく途中で勉強する事をやめてしまうでしょう。その逆も同様の事が起こると思います。

そこで、英語教材を選ぶポイントをここで紹介します。

自分に合う英語教材を選ぶ為にまずやる事!

自分のレベルを把握する

自分がどのレベルなのか知る事が重要になります。自分のレベルを知る方法はTOEICや英検などの資格試験を受ける事で自分のレベルが大体分かります。

また、何も勉強していない状態で受験したことで、勉強後に同様のテストを受ける事で勉強の成果も知る事ができます。

まずは一度試験を受けてみましょう。

目標を明確にする

英語学習において、どのスキルを向上させたいのか目標を明確にする事も重要なポイントの一つです。

主に下記の分野に分かれます。

  • Listening (聞く)
  • Reading(読む)
  • Speaking(話す)
  • Writing(書く)
  • Vocabulary(語彙)

英語学習の順番としてまず必要なのはインプット【Listening (聞く)】になります。インプットにある程度なれたら今度はアウトプット【Speaking (話す)・Writing (書く)】を始めましょう。

ただし、学生時代に勉強してきて語彙力が備わっている場合、インプットが優れているケースもあります。その場合はアウトプットから始めて自分に足りない部分を強化する事が上達する近道です。

資格試験で自分の得意・不得意な分野を見極めて、目標を明確化しましょう。

継続できるか判断する

教材を購入したからといって、1週間勉強して英語が上達するわけではありません。購入した教材は何ヶ月もしくは何年も使用する事になります。教材を 購入して勉強した気分になって、学習をストップする事が起こらないよう、現実的に継続して活用できる教材か判断して購入しましょう。

では、どうやって継続できる教材か判断するのか。

自分の実力に合っている教材

自分の実力以上の人を対象にした教材だと、難しくて嫌になってしまいます。逆に簡単すぎると退屈して、つまらなくなってしまいます。自分のレベルに合った 教材を選びましょう。ちょっとこれは難しいかな?と思える教材がレベルに合っているといえるでしょう。

自分の目標に合っている教材

ビジネスで使える英語を勉強したいのか、海外旅行や海外友人と交流する為に勉強したいのか目的によっても選ぶ教材は変わります。自分の目標に合った教材を選びましょう。

内容が面白い、楽しいと思える教材

どんなに評価が高い教材でも自分がみて、おもしろいと思わなければ長続きはしないでしょう。自分が面白、楽し いと思える教材を選ぶ事も大切なことです。

学習法が自分のスタイルに合っている教材

勉強するスタイルとは「生活」と「性格」の2つがあります。例えば性格的に決まった時間に何時間も勉強するのは得意ではない場合や、忙しいから通勤時間を活用して英語を勉強したいという人には、通勤中にイヤホンで英語をきいて勉強する方法が合っているといえます。

自分のスタイルに合った教材を見つける事が継続できるポイントです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク